ミニ盆栽の育て方

置き場所

基本的に日当り良く、風通しの良い場所を好みますが、苔などは半日陰や優しい光を好みます。
また、ミニ盆栽ですので、真夏の日差しなどは水枯れ、葉焼けの原因にもなります。屋外の半日陰の場所や窓辺の明るい室内で柔らかな風に当ててください。
日の当たらない室内に置く場合は、週に2〜3度、半日陰の屋外や窓辺の明るい場所に置き、柔らかい日差しに当ててください。また、エアコン等の風に直接当たると乾燥しやすくなるのでご注意ください。
日照不足が気になる時は水やりと同じ要領で週に1、2回を目安に活性剤を与えましょう。(※おすすめの活性剤 メネデール)

長期外出時の対処

水を十分にあげてから鉢と苔をラップなどで包みます。室内の日陰になる場所に置いてください。この方法は3~4日位が限度です。

お水やり

水やりの基本

基本は、乾いたらたっぷり水をあげましょう。 上からシャワーであげるか、容器に鉢の8分目程度に水を張り鉢底から吸わせ1、2分浸します。葉や表面の苔には霧吹きをします。水やりが必要ない場合も葉には霧吹きで水分を与えます。

春・夏

[室内の場合]
基本1〜3日に1回。
[外の場合]
基本1日に1回〜2回。朝に1度やり、夜に苔が乾いていればもう一度やります。

秋・冬

[室内の場合]
基本2〜3日に1回 室内の乾燥の度合により変わります。(暖房など)
[外の場合]
基本2〜3日に1

*水やりは、水をやり過ぎても根腐れの原因になります。苔の状態や重さなど、よく観察してやり過ぎないように注意しましょう。水のやり過ぎが心配な時は葉だけに霧吹きで水分を与えてください。

鉢底からお水をあげる方法

スプレーや霧吹きでお水をあげる方法

もし、元気がなくなってきたら….

栄養剤や肥料ではなく「メネデール」などの活力剤を使いましょう。
メネーデールを使うと….
・コケが元気に育ちます。
・新しい根を出しやすくなります。
・植物がイキイキと育ちます
メネデールの使用方法は霧吹き等による噴霧と、水やりの要領で与える方法とがあります。メネデールを定期的に与えることで苔が元気に育ち、植物の葉が青々となり、新たな発根を促します。

使用方法

浸して与える場合、メネデールを100倍に薄めた液を作り、水やりと同じように鉢ごと浸します。(使用する目安:週に1、2回)

その他

・苔だけ湿らせたい場合は、水スプレーでやさしく吹きかける方法もあります。
・落葉樹は秋頃に落葉しますが、適度のお水やりで来春に新芽が出ます。
・環境や諸条件で当しおりの通りにならない場合もございます。肥料や植え替え、剪定等、より詳細が知りたい場合は書籍やWEB等を参考にされる事をお勧めいたします。

───────────────────────────────────────────
ミニ盆栽はコモイチという屋号で店頭、通販サイト「minne」で販売しております。